オレンジのマンション

女性の一人暮らしについて

黄色の家

女性の一人暮らしは常に危険がつきまとうものです。

私自身、一人暮らしで4箇所ほど場所を転々としましたが何度も怖い思いをしてきました。
その結果、私が自分を守るために注意するようになったことをいくつかご紹介したいと思います。

まず、部屋選びをする際にできる限り2階以上を選ぶようにしましょう。
1階は確かに家賃も安いですが、洗濯物を盗まれたり盗撮される危険があります。

また、自分の部屋の隣や上、下の階にどんな人が住んでいるかを不動産会社に確認しておきましょう。その不動産会社で契約している場合、どのような人が住んでいるのか教えてもらうことができます。
自分の住む場所です積極的に教えてもらいましょう。
少しでも怖いなと感じるのであれば女性だけが住んでいるアパートにするのも手です。

引越しをした際に挨拶をするかどうかも悩むところですが、
私は挨拶をしないようにしています。
挨拶に行けば、女性の一人暮らしですというのを自ら公開するようなものです。
偶然会ったら会釈する程度でいいかと思います。

私は最初に一人暮らしをはじめた時、挨拶は礼儀だと思って隣に挨拶へ行きましたが、
たまたま男性でそれからずっとストーカーまがいのことをされました。
壁越しに聞き耳を立てられたり、変な内容の手紙がポストに毎週入ってたりしました。
すぐに引越ししましたが、下手に挨拶にいくものではないなと学びました。

自分で自分の身を守るしかありません。
常に危険があると考えて部屋を選ぶときも、住んだ後も隙を見せないようにしましょう

最新情報